人身事故を起こしたら犯罪者ってホント?

人身事故を起こしたら犯罪者になるという話を聞いたことがあります。

もちろん故意ではないにせよ、人身事故を起こしたら犯罪者になるのは事実です。

事故をおこしてしまった時に自動車保険のありがたみがわかります。

【事故をおこしてしまった場合】

ちょっとした擦り傷程度であっても、事故が原因で相手方が医者や病院に行った場合、犯罪になるのです。

物損事故であれば、事故証明を取るために警察を呼び、双方の連絡先(名前・住所・電話番号)、車種、自動車No.を交換して、保険会社に連絡すれば、あとは保険会社がやってくれるんですね。

しかし人身事故であれば、実況見分調書が作成されます。事故時に救急車を呼ぶ状況であればその場で、あとから被害者に痛みが出てきて通院することになった場合も、改めて関係者と警察が顔を合わせて現場で確認しながら長所をつくるのです。

その後、事故に関しての事情聴取が行われます。被害者側は
・事故が起こった原因は何だったと思うか
・相手をどう思っているか
などを警察で聴かれます。

ようするに事故の加害者は刑事罰の対象として、扱われるのです。

そのため加害者となってしまったら、誠心誠意、できる限りの対応をしましょう。金額的なことは保険会社に任せますが誠意を伝えることが大切です。被害者の心象によっては重い刑事罰になってしまう可能性があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ