自動車で交通事故、まずやるべきこと!

自動車の交通事故を実際に起こした場合の行動フロー。
【物損事故】

1、警察に連絡

2、保険会社に連絡

3、現場検証

4、「交通事故証明書」の交付を受ける

5、改めて保険会社に連絡

6、物損にかかる金額を対物、自車に関して確認する

7、修理に関する費用を保険を使うか、自費で行うか判断する

【人身事故】

1、警察に連絡

2、保険会社に連絡

3、現場検証

4、相手との連絡先交換

5、救急車で病院に搬送

6、警察で調書作成

7、翌日以降、自分の保険会社からの「物損関係の保険」「人身関係の保険」
相手の保険会社からの「物損関係の保険」「人身関係の保険」について4か所から事故概要について確認の連絡。

※事故は、物損と車に分けて考えられます。さらに相手の保険会社からも同様の連絡を受けるので、自分が人身事故に合っている場合、意識がはっきりしていないと「どこの」「誰に」「なにを」話したかがわからなくなりがちなので注意が必要。確認のため、それぞれの担当者から複数回の連絡があることも珍しくありません。

1、は、基本です。警察が入って事故証明がない限り保険はおりません。事故証明は、事故を起こしたその場で取ります。

2、保険会社に連絡して、事故の概要を伝えます。

3、到着した警察官に、ここでああなってこうなってなど、わかる範囲、意識のある人が説明します。

4、事故当時者のドライバー同士の連絡先交換。個人情報になるので、警察はこの件に関しては一切関知しません。

5、自分、同乗者とも、少しでも具合が悪ければ、その場ですぐ救急車を呼ぶべきです。大きなケガなら誰かが呼んでくれることもありますが、微妙な場合は、現場検証に来た警察に救急車を手配してもらいましょう。その場で大丈夫だと思っても、後で具合が悪くなった場合改めての相手方、自分、警官が現場に行って改めて「人身事故としての現場検証」を行う必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ